小学校受験で行われる面接はどういったものなのかを簡単に解説

“小学校受験の面接には、2つの種類があります。子供だけの面接と親と一緒に受ける面接です。子供だけの面接の場合は、子供が一人で受ける面接と他の子供と受ける面接があります。この2つの面接は対策の仕方がすこし異なるので、気を付けなければなりません。共通した対策もあります。それは特に難しいことではありません。きちんとした挨拶をする、はきはきと受け答えする、大きな声で分かりやすく話すと言ったことが特に大切になります。これは子供だけではなく、親にもあてはまることです。自分が質問を受けていない時は、つい気が緩んでしまいますが、これは避けなければなりません。例えば、子供と親が一緒に受ける面接で、子供への質問が終わった時に注意が必要です。親が質問を受けている間は、子供も行儀よく椅子に腰かけておく必要があります。

子供だけが面接を受ける時の対策

小学校受験では、子供だけが面接を受ける場合もあります。親と受ける面接よりも、こちらの方がやや難しいです。小学校受験の前に家で十分な対策をしましょう。まずは、基本的な礼儀作法を身に付けておくことが大切です。面接の部屋に入るときは、その部屋にいるすべての先生に挨拶することが基本です。部屋の中には3人の面接官がいることが多いです。質問を受けたら、その先生の目を見て、話すようにします。退席する時は、全員の面接官を見て、挨拶します。面接で聞かれることはある程度決まっています。幼稚園の生活や家庭生活のことが聞かれます。例えば、幼稚園の友達の名前や何をして遊ぶかが質問されます。このようなことは家で練習して、うまく答えられるようにしておかなければなりません。

親と子供が一生に面接を受ける時の対策

親と子供が一緒に受ける面接もあります。この面接のときにまず注意することは、子供の態度です。親がいっしょなので、子供はほっとして、親に頼ってしまうかもしれません。親に頼らずに、自分で行動するように練習しておく必要があります。子供の面接が終わった後の子供の態度にも注意しましょう。面接を受ける前に、ずっとお行儀良く座っているように、話しましょう。親に対する質問もある程度決まっています。教育方針について聞かれることが多いので、面接のときにきちんと話せるように、練習しておくことが必要です。しつけについて、詳しい質問が行われることもあります。例えば、子供が約束を破った場合は、どうするかといった質問が出されます。難しい質問でもパニック状態になってはいけません。冷静さを保てるように努力しましょう。”