小学校受験の面接時の子供の服装の選び方

“小学校受験の際には子どももしっかりとした服装で臨まなくてはなりません。もしこれから小学校受験に臨もうとしていて、当日はただのジャージやトレーナーで行かせようと思っているのならば、それは絶対に避けるべきです。というのも子どもの服装というのはその子どもをしっかりした子に見せられるかどうかという大きなポイントでもありますし、フォーマルな服装をしても慌てずにしっかり落ちついていられるか、また保護者はしっかり場に合わせた服装を選ぶだけの教養があるかといったことも見られています。「服装で判断するのは良くない」とも言われますが、誰かの結婚式に呼ばれた時にジーンズで参列する人がいた場合、間違いなく服装を考えろと言われることでしょう。小学校受験もこれと同じですから、しっかりとした服装の基本を押さえておくようにしてください。

小学校受験の際に子どもに着せるべき服とは

では本題の小学校受験の際に子どもに着せるべき服についてですが、基本となるのはフォーマルウェアであることです。子どものフォーマルウェアと言われても今一つイメージするのは難しいと感じる人も多いかもしれませんが、これは子どものピアノの発表会などで着ている服をイメージすればおおよそ問題はありません。要するに男の子であればスラックスにブレザー、女の子であればジャンパースカートにボレロといった服装が基本となります。最近だとこうした子ども用のフォーマルもかなり増えてきていますから、デパートなどで確認すればすぐに案内してもらえることでしょう。ちなみに用意する数についてですが、これは最低でも2着あった方が良いです。ひとつしか受験しないのならば一着あれば良いですが、複数の受験を考えている場合、日程的に近いことも多いため洗い替えとなるものが必要になります。また学校のイメージによって変えるのも小学校受験対策には重要なことですから、少し印象の違うフォーマルウェアを2着用意することをお勧めします。

小学校受験で持っていく靴と服装のブランドについて

さて、基本的な服装は先ほど述べた通りですが、次は服以外の小物についてです。まずチェックするべきなのは靴ですが、これは絶対に子どもが一人で履けるものを用意しましょう。小学校受験の中では靴を脱ぐ、履くという基本的な動作が出来るかどうかを必ずチェックしており、靴を履くときに親が手伝っているとかなりイメージが悪くなります。マジックテープのものでもかまいませんから、靴は必ず子どもが一人で履けるものにしてください。素材については派手すぎない運動靴であれば問題ありませんが、一応子ども用の革靴も用意しておくとよいでしょう。また時折疑問とされることとしてあるのが「服や靴はブランド品にした方が良いのか」ということなのですが、これについては学校によりけりであるとしか言えません。ただ私立小学校の場合は家庭の経済力についても見られるため、ノーブランドの安いものよりはブランド品のしっかりしたものを選んだほうが無難だとは言えます。派手すぎるものはお勧めできませんが、少し目立つ程度なら好印象なこともありますから、ここは学校に合わせて柔軟に選ぶようにしてください。”