小学校受験の面接時の服装の注意点やその他の注意点について

“小学校受験の最大の課題といえば面接です。これは親子ともども面接官の前に立ち、質問などに答えなくてはいけないもので、この日のことを考えると夜も眠れないという親御さんもいるのではないでしょうか。基本的に両親そろって面接に出向かうことになっているので、普段母親にすべてのことを任せっきりにしているお父さんは要注意です。面接で一番気になるのはやはり服装です。どんな服装で行けばいいのか、大体のイメージは分かっていても父親、母親、そして子供、と揃えるのは意外と大変です。また服装以外でもいくつか気を付けたいポイントがあるので大事です。ここさえ押さえておけば面接会場でも焦らず、リラックスして挑める、というポイントをまとめてご紹介したいとおもいますので、ぜひ参考にしてみてください。

小学校受験に勝ちたいならルールに従いましょう。

冬が近づくころ、デパートでお受験用のスーツやアンサンブルを揃える光景が定着してきています。それほどまでに、受験面接での服装は大事なものなのです。小学校受験では親子で面接を受けますので、親の格好も審査の対象になっていると考えるのが自然です。というよりも、親が減点されるような服装で来るなど論外、という考え方のほうが近いかもしれません。なので、オリジナリティやきらびやかさ等は必要ないのです。そのため、母親のスーツは飽き飽きするほど濃紺で統一されているのです。そこで一人、グレーのスーツを着て行ってしまうと、悪目立ちするだけで自分自身が動揺してしまうことになります。もちろん、濃紺のスーツでなければいけないという決まりはどこにもありません。しかし、それが暗黙のルールとなって浸透しているのは確かなのです。

服に着られないために身だしなみをチェック

どんなものを着ていったらいいかは、洋服売り場の受験コーナーを周れば大体把握できます。子供用のスーツ、男性用、女性用のスーツやワンピース。それに合わせた靴。奇抜なものを選ばない限り、売られているものを素直に買えば問題ありません。そのうえで気を付けたいのは服に着られないようにすることです。新入社員のスーツ姿がしっくりこないのは普段着慣れていないからです。普段スーツを着ている男性は問題ないかもしれませんが、お子さんやママはどうでしょう。濃紺のスーツを着ればわかりますが、茶髪などの明るすぎる髪は下品に見えます。派手なメイクや髪形も同じです。スーツ姿の子供は姿勢が悪いとすぐ目立ちます。受験会場ではみんなが同じような格好をしていますので、だらしないところはすぐに見つけられてしまいます。できればきちんとした格好で出かける機会を普段から設けましょう。小学校受験で子供の可能性が大いに発揮できるように、身だしなみからきちんとしておきましょう。”