小学校受験の面接時の親の服装の選び方

“小学校受験は高校や大学と異なり、保護者についても評価の対象となっています。これは小学校に入学する年齢だとまだ子どもを比較する手段が少ないこと、また幼い子どもを保護者がしっかり監督出来ているかどうかを確かめるために必要なことです。そのためほとんどの小学校受験では、保護者についてもしっかりと見られていると思うべきでしょう。さて、そうなると保護者としてはかなり緊張してしまうものであり、そこでよく疑問とされるのが「何を着ていけば良いのか」ということです。身近に小学校受験を経験した保護者がいないと中々聞けることでもありませんが、この小学校受験の服装についてはほとんど決まっているため、それを知っていれば問題は無いと言えます。では小学校受験の際、保護者はどういった服装で行けば良いのでしょうか。

保護者の服装の基本は清潔感のあるフォーマルウェア

まず保護者の服装の基本についてですが、これは清潔感のあるフォーマルウェアであればおおよそ問題ありません。これから受験する小学校の風土にもよりますが、少なくともこの基本さえ押さえておけば大外れということは無いでしょう。具体的には女性であればワンピースにボレロを合わせるか、ツーピースのフォーマルで問題は無く、男性の場合は普通のスーツでもかまいません。ただ基本にプラスして少々押さえておきたいのが、服装は多少高級感があった方が好まれる可能性が高いということです。私立小学校にとって入学希望の学生というのは「今後お金を払ってくれるお客さん」です。少々汚い話ではありますが、あまりにもお金に困っていそうな服装、例えば明らかにくたびれた服装をしていたり、量販店で販売されている質の悪い服装をしているとなると、学校側が今後の学費の支払いに不安を感じてしまうことがあるのです。もちろん全身ブランドで揃えるべきとまでは言いませんが、派手すぎないフォーマルで、なるべく品が良く見えるような服装を心掛けると良いでしょう。

アクセサリーや香水は控えた方が良い

さて、基本的な服装は先ほど触れたように清潔感があり、品が良く見えるフォーマルウェアとなります。ただ女性がよく気にするのがアクセサリーや香水についてで、ここは案外知られていないことが多いです。まずアクセサリーについては身に付けていっても構わないのですが、あまりにも派手なものは控えた方が無難です。そもそも小学校受験の主役は子どもであって保護者ではないのですから、子どもよりも目立とうとする親というのは性格的に難があるのではないかと勘繰られる原因になります。一粒パールのネックレス程度ならば問題はありませんが、あまり派手すぎるものは着けないようにしてください。香水については基本的に付けない方が良いでしょう。ほのかに香る弱いものであれば問題は無いことがありますが、やはり香水の匂いが常にする保護者というのはあまり良い印象を与えるものではありません。小学校受験の際に保護者に求められるのは品の良さと、少なくとも学費の支払いに困らない程度の経済レベルがあることです。良く見せようとはりきって派手にしても逆効果ですから、ここはしっかり注意しておきましょう。”